こうやって店をしてると、けっこう頻繁に道をたずねて入ってくる人がいます。いちばんよく聞かれるのが、すぐ近くにあるギャラリーの「里夢」さん。ここからまっすぐいってほんの1分ほどのところだから、わざわざウチで道聞かなくてもと思うんですが、なんででしょ。
で、今日は難易度が高くて、日本語がまったくわからない外国人が、六甲山のケーブルカー乗り場まで行くバス停はどこかと(!)。なぜウチに来た!
先方の話す英語はかろうじて分かるんだけど、なにせこちらから言葉で説明ができないので、地図を書いたりスマフォ見せたり、あとは身振り手振りで、大汗かいちゃいまいた。無事にたどり着けてるといいんですがねえ。