今日発売の『乙嫁語り』4巻。
この巻から始まる双子編は、ほんとうに楽しくていいですね。
森薫先生の描く勝気で活発な女の子は、他の作家にはない突き抜け方が魅力だと思います。カルルク&アミルの姉夫婦の長女ティレケとか、『エマ』ではウィリアムの妹ヴィヴィアンとか。
さて、マンガ本編とは別に、いつも楽しみにしているのがはさみ込まれている読者アンケート用はがき。
120512-2.jpg
これ、全部森先生の手書きです。
全部っていうのはほんとに全部で、裏面のアンケート記入欄は当然のこと、表の左上の切手を貼る位置を示す四角や、下半分の住所・氏名等の記入欄まで、すべてです。
しかも、毎巻、新たに書き起こしてるんです。
信じがたいことに、郵便番号や住所、挨拶文といった同じ文言の部分も、使いまわさず毎回書いてます。
120512-3.jpg
ね。
だいたい、最新刊の表紙、双子の姉妹で全く同じ表情・ポーズですが、コピペじゃないんですよこれ。
120512-1.jpg
これだけ描くことが好きな人は、マンガ家でも珍しいのではないかと思います。