120509-1.jpg
8年ぶり、著者2冊目の単行本。
一見、童話か何かに見えますが、マンガです。
幼いこどもがちょっとふしぎな世界に迷い込むといった、その作品はまさに『「日常系」メルヘン漫画』。
ごらんのとおり、鉛筆で描かれた暖かい絵柄は、いそうでいない宮崎駿の直系と言っていいでしょう。
もっとも、宮崎駿自身は、案外こういうマンガは書かないんですけどね。
どのお話も、こどもの頃、確かにこんなふうに思ったかも、ということを思い出させてくれる作品です。
それも、ちょっと寂しかったり怖かったりしたときの感情がよく描けてると思います。
そういう意味では大人向け、なのかもしれません。
でも、この本の一番最初の「今日、犬が届く」は、内容がぶっとんでて、これを絵本にしたらこどもが喜びそう。女の子のところに届くはずだったプードルがシロクマで、シロクマがいるはずの動物園にプードルがいて、で、登場人物は全員ボケでつっこみいないし。
もっとこの方のマンガを読んでみたいですね。
あと、主線の鉛筆にあわせて、トーンではなく薄墨?で塗り分けてるのですが、前作『トモネン』と比べると、印刷が格段にきれいになってる気がします。