120227_1.jpg
掲載誌が近所のコンビニに置いてないので、
単行本にまとまるのを待ってました。
田中ユタカ氏の作品で初めて読んだのは、
「愛人-AI・REN-」です。
こんなにヒリヒリした「生」を描いた作品は、
(マンガに限らず)ちょっと思い当たりません。
これを描き上げた後、
田中ユタカ氏はしばらくなにも描けなかったそうです。
そのあたりの詳しいことが語られたインタビューが、
愛蔵版の方に載ってます。
魂を削って描いているのが伝わってくる、
読み終わった後にぐったりするような作品でした。
そのうち読み返そうと思いながら、
ちょっと構えてしまって、
まだ果たせずにいます。