130324-1.jpg
レジェンドですよ!伝説ですよ!!
いや~神戸に引っ越してきてよかったなあ。
自転車でいけるとこで、こんな企画展を観ることができるとは。
兵庫県立美術館の学芸員の方、本当にありがとうございます。
館の入り口には、シャア専用オーリス(TOYOTA)なる車が展示されてます。
130324-5.jpg
マットな赤がきれいですね~。
でも、シャア専用モビルスーツって、赤というよりピンクなんですよねー。ぜひ、オリジナルのカラーリングも再現してほしい。ちなみにこの車、座席に座ることもできます。そばに立ってるお姉さんが勧めてくれます。
後で気付いたのですが、天井後部についてるこれ↓、
130324-6.jpg
指揮官機の頭についてるアレじゃないですか。フォルムの再現度が高いです。
入場券を買って、会場に向かうと、ガンダムのお手々がお出迎え。
130324-2.jpg
これ、お台場のやつとは別なのかしらん。
ここで記念撮影をされる方多数です。
あ、ちなみに、入場券は、館の受付で買うと、こういうつまんないやつです。
130324-12.jpg
なので、美術館に着く前に実券を購入するのがオススメです。
買える場所は、こちらを参考にして下さい。
JRで来られる方は、改札を出て正面にあるコンビニ「Hart in(ハートイン)」が一番いいかも。
さてさて、階段を登って会場の入口には、大河原邦男氏の似顔絵が。
この右手には、巨大な壁画がありますので、そちらは、是非現地でご覧になって下さい。
130324-4.jpg
写真撮影ができるのはここまでです。
なかで展示されているのは、まさに門外不出の宝の山。
その中核は、もちろん大河原邦男氏の作品、というか「仕事」(氏の、作家ではなく職人としての自負を考えると、その呼び方がふさわしいでしょう)の数々ですが、それだけにとどまらず、メカデザインという、世界的に見ても類のない職掌のあり方を、その起源から体系的に展示するという、まさに過去に例のない素晴らしい展示だと思います。
展示物の多くは、メカデザインのアウトプット、有り体に言えば、白い紙に書かれた白黒の絵(律儀に、キャプションに「紙、マーカー」などと書かれていたりします)で、一般の人にはすこし退屈かもしれません。しかし、コピーや印刷物でない原画のそれは、本当に丁寧に描かれていて、「ああ、これが大人の仕事なんだなあ」と、当時の子どもとして、とてもうれしく思います。ダイターン3の変形パターンを1枚紙にまとめた資料なんか、ほんとうにスゴイ。昔はねえ、CGなんかなかったんだよ!!
もちろん、そういったものばかりでなく、氏のカラー原画や、作画参考用の立体物、当時発売されたおもちゃを展示する等、平板にならないような展示の工夫がされています。劇場版ガンダムのB2版ポスターは、原寸大で描かれてたんですねえ。
絵以外の展示の白眉は、なんといっても実物大のスコープドッグでしょう。製作は、先日のNHKスペシャル「ロボット革命~人間を越えられるか」の冒頭に登場した「クラタス」の作者でもある、倉田光吾郎氏。この、実際に鉄を叩き出して作った圧倒的な存在感は、是非実際に見ていただきたい。個人的には、約10年前に、たしか九段下で見て以来、再びこの目でみることができてとてもうれしかったです。
というわけで、この企画展の図録、3000円と少々お高いですが、展示物の図版とキャプションに加えてインタビューやコラムも収録されてており、350ページと厚い!重い!読み応え抜群!十分に値段に見合う内容だと思います。むしろ、安いんじゃない?
130324-9.jpg
この図録を読んで初めて知ったのですが、大河原邦男氏のご実家は、江戸時代から続く蔵のあるような旧家だそうで、他の同年代のアニメ関係者にはない、どこかノーブルな品の良さはそれだったのかと得心した次第。
カバーは何とポスターになります!超・大河原邦男展仕様のカラーリングのガンダム!
130324-11.jpg
超・大河原邦男展仕様のカラーリングのガンダムといえば、限定発売のガンプラですが、整理券はもらったものの、結局買いませんでした。じつは、グッズの類ってそんなに興味ないんだよね~。この手の企画展はよく行きますが、図録は必ず買うけど、あとは記念に絵はがきを買うくらい。
ちなみに、僕が行った開催2日目では、手ぬぐいが人気だったみたいで、さっそく売り切れてました。ガンプラは、見えるところに積んである分だけでも、500個くらいはあったみたい。売れ行きをしばらくみてたけど、十分に行き渡るくらいの在庫はあるんじゃないかな。
それにしても、整理券をもらうときに、1人5個までっていわれたけど、ホントにそんなに買う人いるのかなあ。いるんだろうなあ。あれ、けっこうデカイから、5個もって帰ろうと思ったら大変だよ。そんなの転売目的しかないと思うんだけどなあ。1人1個でもいいんじゃないかな。
さて、せっかくご近所でやっているので、もう何度か行ってみようと思います。
ゴールデンウィークあたりに、いくつかイベントが予定されているみたいです。大河原邦男氏や高橋良輔氏がいらっしゃるとのこと。
また、4月6日(土)には、学芸員による解説会があるみたいです。これは行かなきゃ!
それに、次は銀河万丈・伊藤静の音声ガイドを試してみよう。
最後に小ネタをば。
遠くからもよく目立つこのカエル、その名も「美(み)かえる」くん。
130324-7.jpg
「県立美術館のある場所を多くの方に分かりやすくアピールするシンボルとして」設置されたんだそうな。
「縁起のいい」「復活や希望の象徴」の生き物はいいとして、水辺に棲むカエル=ウォーターフロントにある美術館って、ここ海辺じゃん・・・