大阪古書会館
先週に続いて、大阪古書会館に出かけてきました。
初めて行った翌週に大きな市があって、ラッキーでした。
日南会ではマンガ・雑誌・文庫を主に扱っています。普段は振り市のみだそうですが、この日は特別市だったので、置き入札でも沢山出品されてました。
出品物をチェックしていると、お昼を用意しているので食べて下さい、というアナウンスが。ちょっと遅れて行ったので、もう少しで食べ損ねるところでしたが、時間がない中で、とても有り難かったです。
午後から振り市がスタート。今日は1回でも声だそうと思ってドキドキしてました。
やっとの思いで、「○○円!」と言ったら、周りにいたおばちゃん達に「遅いっ」とつっこまれて、すごく恥ずかしかった・・・。でも、その後、だれも手を出さない品に「はいっ」と手を上げて、初めて落とすことができました。これで度胸がついて、全部で4つ落とせました。まだ、あまり競ってるものには手は出せませんでしたが。
6時頃にすべて終わり、置き入札の方を確認したら、6つ入れた内、4つ落とせてました。落とせなかったのは、「無理かな」と思いつつダメ元で入れてたやつなので、まあ妥当な結果でした。
その後、支払いをすませて自分で荷造りしてたら、8時ごろになってしまいました。大きめの段ボール箱で9箱。こりゃ送料大変だな・・・。
今日は、これまでで一番たくさん仕入れることができました。神戸の市会では全然落札できなかったので、うれしいのはうれしいのですが、逆に「こんなに買って、ほんとにさばけるのかな」「高く買いすぎたんじゃないかな」と心配になります。
でも、まあ最初のうちは勉強だと思ってやるしかありません。だいたい、今日僕が仕入れた量なんてのは、ほかの店に比べたら微々たるもので、みなさんは僕の10倍以上の金額・量を仕入れて、運転してきたワゴン車にバンバン放り込んでいきます。
僕もいつか、あんなふうになれるんだろうか。
いや、量が多いから偉いとは思いませんが、ちゃんと自分の商売としてできるようになるんだろうか。と思いました。